U−21日本代表、北朝鮮に敗れてベスト8入りならず!

U−21サッカー日本代表のアジア大会は終わりました。何となく負けそうな感じはしてましたけどね。

試合内容そのものは悪い気はしませんでしたが、結果は1−2で負け。

試合後に反町康治監督が言っていたように、「戦う気持ちが足りない」気がします。

ボールポゼッション(支配率)で上回っても勝てません。ゴール数で上回らないと。

日本代表の失点は2つともフリーキックから。

フリーキックからは仕方ないなんて、Jリーグが始まった時代のような言い訳はやめましょうね!

世界を目指すなら、フリーキックからの失点をさけないといけません。いいフリーキッカーはいくらでもいます。

ゴール前でフリーキックを与えない
      ↓
ゴール前でファウルをしない
      ↓
できる限り前でボールを奪う

90分間走れないようじゃ、話になりません。

オシム監督も呼んでくれませんよ!


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

平山相太が「頭」でゴール!シリアに勝利!

アジア大会第3日、サッカー男子U―21日本代表は、2次リーグ第2戦でシリアに1―0で競り勝ち、2連勝!ベスト8に大きく前進しました!

エース(?)の平山相太(FC東京)が決めてくれました!

硬直状態が続いた後半32分、MF本田圭佑(名古屋グランパス)の左からのクロスにFW平山相太が頭で合わせて決勝ゴールを決めました。北京五輪2次予選(07年2月28日開幕)でも、日本と同じB組に入っている強豪シリアとの前哨戦を制して、準々決勝進出に大きく前進しました。

これで、反町ジャパン発足後の対外試合は7勝2分。

平山相太は、以前は守備には消極的でしたが、FC東京に移籍後はサブに甘んじる状況を打破しようと、前線からのプレスやボールを引き出すプレーを増やしました。

ただ、この試合、後半ロスタイムにMF高萩洋次郎(愛媛FC)が2枚目の警告で退場となり、6日の北朝鮮戦は出場停止となりますが、この試合出場停止だったMF青山敏弘(サンフレッチェ広島)の穴をMF本田拓也(法政大)が埋めるなどチームは着実に力をつけてきて、一丸になってきています。

次は北朝鮮だ!!


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

アジア大会サッカー U−21日本代表、パキスタンに辛勝

アジア大会サッカー男子2次リーグF組U−21日本代表は、3点を先行の楽勝ムードから一転、足が止まりだした頃にパキスタンの反撃にあい、3−2の辛勝で2次リーグの初戦を終えました。

前半だけを見れば、誰がどう見ても楽勝ムードでしたけどねぇ。

試合開始早々の前半2分、本田圭祐(名古屋グランパス)の30mのFKを得意の左足で蹴り込み先制。この時のパキスタンのGKの動きを見て、「あ、こいつ下手だな!」と思いました。(名前は確かカーンでしたが。)さらに同32分には、青山敏弘(サンフレッチェ広島)のフィードをカレン・ロバート(ジュビロ磐田)が素晴らしい飛び出しから左足で折り返し、Jリーグで13ゴールのボランチ谷口博之(川崎フロンターレ)が右足で押し込んで2点目。後半11分にも辻尾真二(清水エスパルス)のシュートを谷口博之が頭で方向を変えて決めるなど、格の違いを見せつけていました。

ここまでは…。

ただ、不可解なジャッジやパキスタンの荒々しいプレーが目立ち、青山直晃(清水エスパルス)が接触プレーから右ひざを痛め、後半10分に交代。そこまで堅かった守備に亀裂が入っていきました。

後半15分には直接FKを決められ、36分にはミスからカウンターを食らい、強烈なミドル弾をたたき込まれました。(←足が止まって相手のサイドチェンジについていけてませんでしたねぇ。)

さらに、43分にはMF青山敏弘が2枚目の警告で退場。最後はジリ貧の勝利でした。

ガンバ大阪の家長昭博らがJリーグ優勝争いを演じているのでU−21チームに帯同していないなど、ベスト布陣ではないことは確かですが、北京五輪を目指すU−21サッカー日本代表のアジア制覇への道は険しいですね。


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

平山不発!U−21日韓戦 1−1のドロー

平山相太に見せ場はありませんでした。

U−21日本代表は、東京・国立競技場でU−21韓国代表と親善試合を行ない、1−1で引き分けました。

日本は前半、左サイドバックに入った家長昭博(ガンバ大阪)と苔口卓也(セレッソ大阪)、そして水野晃樹(ジェフ千葉)の両サイドを中心にゲームを支配しましたが、得点を奪えませんでした。

サッカーは流れをつかみきれないとすぐに相手に流れが行くもので、前半ロスタイム、韓国のFWヤン・ドンヒョンにドリブル突破され、ゴールを許して前半終了。

日本代表は、後半に入っても積極的な攻めを展開し、後半29分に水野晃樹のクロスから増田誓志(鹿島アントラーズ)がヘッドで押し込み同点!

日本代表は、その後も終始攻め続けたが、決定機をものにできず、逆転ゴールは生まれませんでした。

U−21というこの世代では、実力は日本代表のほうが上という気がしましたねぇ。A代表では、韓国に分がある感じはしますが。


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

平山相太、U−21日本代表に選出!「韓国戦は頭で決める!」

U−21日本代表の23人が17日に発表されました!

U−21日本代表は、21日の国立競技場で韓国代表と親善試合を行います。先日の中国戦でU−21日本代表初ゴールをマラドーナの如く「神の手」で決めた東京FW平山相太も選出されました。

平山相太は、今度は確実に頭で決めると宣言しました。U−21日本代表入りが決まり、「韓国は強いので楽しみ。次は文句なしで決める。頭で」と得意のヘディングでの得点を狙うことを宣言しました。

FC東京に移籍以来、動きに精彩を欠く平山相太は、先日、FC東京の倉又寿雄監督に、「太りすぎ。減量しろ。」と言われ、少しずつですが変わってはきています。10月31日から連日の居残りヘディングシュート練習、ランニングを課せられ、現在の体重は最大の88キロから3キロ減の85キロ。

11日の川崎F戦では、途中出場ながら頭でゴールを決め、追い上げムードを作り1−4からの大逆転勝利に貢献。平山自身の最大の武器は復活しつつあります。

平山相太は北京五輪には必要不可欠な選手。どんどんコンディションを上げて欲しいですね。


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

U−21平山相太がマラドーナの如く“神の手ゴール”

決めてくれてホッとしましたね。

U−21日本代表FW平山相太が、後半37分に「神の手ゴール」を決め、2−0勝利に貢献しました。相手GKのはじいたボールが平山の体(手?)に当たってそのままゴールに転がり込むという「マラドーナ」のような「インザーギ」のようなゴール。大舞台で幸運を呼び込むあたりはやっぱり大物。

19歳で出場したアテネ五輪は不完全燃焼に終わった怪物が、北京五輪へ向けて好発進をしました。

右サイドからMF中村が上げたクロスに、平山が猛然とゴール前に走り込む。中国GK王大雷と衝突しそうになったが突進し、GKがはじいたボールが平山の体に跳ね返ってゴールの中へ吸い込まれていく…。

「手に当たりました。あっ肩です。何度かああいう形があったので狙っていた。日本での最初の試合で取れてよかった」と語る平山。

いやいや、アレは完全に右ひじに当たってのゴールです(笑)。

中国のドゥイコビッチ監督いわく「マラドーナみたいなゴールでやられた」。

アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナが86年メキシコW杯準々決勝イングランド戦でみせた“神の手ゴール”のようでしたが、あの時と同様に判定は覆りませんでした。WBCじゃあるまいし。

反町監督は、平山が1トップに入る“平山システム”を敷きました。

19歳時に臨んだアテネ五輪は、初戦パラグアイ戦の1試合16分間の出場に終わりました。「アテネ五輪は不完全燃焼。借りを返したい」。自分たちの世代で臨む北京五輪へ向けて驚弾発進した平山。今度はエースとしてメダルへと牽引して欲しいところですが、どうも、お祭り男というか、当時の高原直泰より下のような気がします。騒がれすぎと言うか…。と言いつつ、僕もブログに書いちゃってますけどね。

もっとJリーグで結果を残して欲しいですね。


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。