FIFA最優秀選手最終候補3人「ロナウジーニョ」「カンナヴァーロ」「ジダン」

国際サッカー連盟(FIFA)は、2006年の年間最優秀選手の最終候補者を発表されました。

最終候補者の3人は、史上初の3年連続受賞がかかるブラジル代表MFロナウジーニョ(バルセロナ)、2006年のバロンドール(欧州年間最優秀選手)に選出されたイタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロ(レアル・マドリード)、ワールドカップドイツ大会MVPで、このワールドカップを最後に引退した元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンが選ばれました。

イタリア代表GKのジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)が入っていないのが残念ですが…。

この3人は、FIFAが公表した30人の候補者から、各国代表の監督、主将の投票によって絞られたものです。

FIFA年間最優秀選手は、12月18日に発表されます。


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ガンバ大阪MF遠藤保仁が退院!「最終節の浦和レッズ戦は出る!」

Jリーグ1部(J1)、ガンバ大阪に所属する日本代表MF遠藤保仁が、ウイルス性肝炎のために入院していた兵庫県西宮市内の病院を6日に退院しました!

遠藤保仁は、血液検査で肝機能の数値に回復が見られたため、現在は自宅で療養していて、今後も病院での検査などを継続して行なう予定だそうです。復帰時期は未定ですが、遠藤保仁本人は、12月2日の最終節、アウェイでの浦和レッズ戦に復帰の照準を合わせています。

遠藤保仁は「優勝できると信じている。僕は最終節の浦和レッズ戦に出場できるように準備するだけです。」と語りました。

キャプテンの宮本恒靖は「僕らがヤット(遠藤)に何ができる、っていうのがないから」と言いました。遠藤の復帰を信じ、勝利で優勝の可能性を最終節まで持ち込むことが、遠藤にできる唯一のことと言わんばかりに、千葉戦の完封に大きく貢献しました。

再び混戦模様のJ1優勝争い、首位浦和レッズに対し、2位ガンバ大阪は勝ち点3差、3位川崎フロンターレは4差。まだまだ、J1は混戦が続きます!


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

日本代表3−1でサウジアラビアに勝利!我那覇が2ゴール!

サッカー日本代表は15日、札幌ドームでのアジアカップ予選最終戦でサウジアラビア代表と対戦し、我那覇和樹(川崎フロンターレ)の2ゴール、闘莉王(浦和レッズ)のゴールで3−1で快勝し、A組1位通過を決めました。

予選突破を決めているチーム同士の試合なので、パフォーマンスの低い試合になるかもと懸念していたんですが、割といい試合だったのではないでしょうか。

日本はMF中村憲剛(川崎フロンターレ)を中心に、前半から積極的に攻撃を仕掛け、前半20分、闘莉王がこぼれ球を押し込んで先制に成功。29分にも我那覇が難しいヘディングを決めて追加点を挙げました。31分には、サウジアラビアにPKを与えて1点を返されますが、後半5分に、我那覇がこの日2ゴール目を決めて、3−1とサウジアラビアを突き放しました。

その後はサウジアラビアに押し込まれる展開が続いたが、何とかしのぎ切ると、ロスタイムに日本がPKを獲得。ですが、これを闘莉王が外してしまい、3−1のまま試合を終えました。

イビチャ・オシム監督は、「前半に信じられないような形でボールを奪われることが多く、インド戦より悪かった」と辛口。表情は柔らかかったですが、更に上でのプレーを求めていました。

サッカー日本代表の今年最後の試合。まぁ、勝利で締めくくれてよかったのではないでしょうか。


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

巻、川淵キャプテンの「ヘタ」発言を受け黙々と練習!

サッカー日本代表、ジェフ千葉のFW巻誠一郎が、インド戦から帰国して以来、文字通り黙々と練習を重ねています。

ジーコジャパンのサプライズとしてブレイクし、オシムジャパンのエースとして、先発出場を続けているものの、得点から遠ざかっている巻。何と「501分」もの間、日本代表でノーゴールが続いています。

また、インド戦では代表初先発のFW播戸竜二(ガンバ大阪)が2ゴールと勝利に大きく貢献し、代表の座が危ぶまれる状況になりました。

試合後には、日本代表には口出ししないと公言していた川淵三郎キャプテンが「巻はヘタ」と言い放ち、それは、巻本人はもとより、ジェフ千葉イレブンの耳にも当然届いているはず。

同じくサッカー日本代表でジェフ千葉のMF山岸智は、「巻さんが点を取れないのはチーム全体の問題」と、不調の巻をかばいました。

14日の鹿島アントラーズ戦は、ナビスコ杯決勝(11月3日)と同じカードであり、巻としては、批判を結果ですぐに一蹴したいところです。


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

サッカー日本代表、インドに3−0で勝利!播戸2発!

サッカー日本代表は11日、アジア杯予選A組、アウエーでインド代表と対戦し3―0で勝利しました。

代表初先発のFW播戸竜二(ガンバ大阪)が前半23分、代表初ゴールをマークして先制し、前半44分にも怪我をしている頭で2点目を挙げました。また、後半37分にはやはり代表初先発となったMF中村憲剛(川崎フロンターレ)も代表初ゴールとなる豪快なミドルシュートで追加点を挙げて勝負を決めました。サッカー日本代表は12日に帰国します。

播戸が「点をとれないアレルギー」を払拭してくれましたね!今までの日本にない泥くささ、決定力。代表戦2試合目で初先発したガンバ大阪FW播戸が、点をとるのはこういうことや!と、FW陣に見せつけました。

「FWだからゴールを求められる。どんな試合でも決めないと残っていけない。」

前半23分のゴールは、左サイドの三都主アレサンドロのクロスを巻がシュート。当たり損ねのボールがゴール前に流れたが、滑り込んで右足で初ゴールとなる先制点を決めた。44分には三都主の右クロスに果敢に飛び込み2点目を入れた。

オシムジャパンになって以来、先発した巻誠一郎(ジェフ千葉)、田中達也(浦和レッズ)らFW陣は、先発した試合でゴールを決めることができませんでしたが、Jリーグで6試合連続ゴール(ワールドカップ後の15試合で14ゴール)という結果を残し、絶好調で乗り込んできた大器晩成の27歳の播戸は、これが当然とばかりに2点を決めて見せました。

「練習でシュートが入らんかったら、次の試合に出られるかどうか分からん。もっと入るように練習せなアカン」「始まってすぐ外した。その辺はまだまだ」と語る播戸。Jリーグでの圧倒的な実績を引っさげて、這い上がってきた遅咲きストライカーは誰よりもどん欲で、2ゴールの結果にも満足していませんでした。

一方、この試合でもゴールできなかった巻は、厳しい立場に追い込まれました。オシムジャパンのエースとして先発出場を続けていますが、次は保証されない状況です。

停電中断、野良犬の乱入など、条件は最悪でした。また、でこぼこのピッチでパス精度が落ち、足元でのミスが目立ち、格下のインドに押し込まれる場面も目立ちました。ジーコ政権のときに行なわれたホームでのインドとの試合は6−0でした。試合後「疲れた。これで満足していたら私はおかしい。監督である必要は無い。」と語ったオシム監督。

FWが結果を残してくれて安心はしましたけど、満足はしていられませんね。


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

サッカー日本代表、今晩、インドと対決!巻・播戸の2トップ!

サッカー日本代表が、アジアカップ予選でインドと対戦します。

ガーナ戦の敗戦で、決定力不足を改めて露呈した日本代表。「点を取れないアレルギー」が蔓延し始めている中、巻誠一郎(ジェフ千葉)・播戸竜二(ガンバ大阪)が2トップを組むようです。

巻は日本代表での試合で決定力を欠いています。そろそろ結果を出さないと、代表召集が危ぶまれます。結果を出せなかった田中達也(浦和レッズ)が代表召集されなくなりました。オシム監督に育ててもらったジェフ千葉の選手とは言え、楽観視できない状況であることは間違いないです。気迫、あきらめない気持ちも大事ですが、今は結果が一番大事です。

播戸は、ガーナ戦で負傷した頭部が完全に癒えていません。6針も縫う怪我を負い、まだ抜糸をしていないそうですが、練習ではヘディングシュートを放つなど軽快な動きを見せ、怪我の不安を感じさせない動きをしています。また、年齢では中堅にあたる27歳の播戸ですが、日本代表経験で言えば最年少に近い播戸。選手たちと積極的に話をし、コミュニケーションを図っています。Jリーグでの連続得点記録がストップはしましたが、今、一番期待できるFWだと思います。

アウェーの不安など払拭して、圧勝して欲しいです!


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

サッカー日本代表に、インドのアウエーの洗礼!

サッカー日本代表は、8日夜にインドのバンガロール入りし、9日に練習を開始しましたが、次々とアウェーの洗礼が!

照明付きの練習場が手配されていなくて、予定していた試合時間を大幅に早めるというプラン変更を強いられ、サッカー日本代表コーチ陣が視察した試合会場のピッチは予想以上に悪コンディションであることも判明しました。

イビチャ・オシム監督は、インドでの初練習後、メディアの質問は懸念される試合会場のピッチ状態のことに集中しましたが「皆さん、覚えてください。私の目的はどんな戦術で戦うのかというのではなく、あらゆることに対応できるチームにすることです」と言い放ち、明らかにいら立ちの様子を見せていました。

ピッチ状態は予想以上の惨状。10人弱のインド人たちがピッチの草をむしる姿があったのです…。言うまでもなくこのような手作業では雑草は一向に減りません。しかも、「雑談をしながら草むしりをやっているので真剣味がない」と大熊コーチが一言。ゴール脇には雨に弱い赤土が露出している個所も目立ちました。

準備は遅れ、10日の公式練習も他会場で行う可能性が高く、加藤GKコーチは「スパイクのポイントは(滑りにくい)取り替え式が必要」と指示しましたが、ぶっつけ本番となるだけに不安はぬぐえません。

アウエーの洗礼はそれだけではなく、試合会場には、野良犬までうろついていました。

それでも、あらゆる事態に対応するのが、サッカー日本代表オシム流。

格下相手に「ピッチが悪い」「アウェーの洗礼」などと言っているようでは世界を目指すことはできません。こんな状況を跳ね返し、快勝してくれることを期待します!


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

ACミラン、キャプテンのパオロ・マルディーニが戦列復帰!

ACミランは、9日からミラネッロでトレーニングを再開。今週は、14日土曜日の現地時間18時からサンプドリアと対戦しますが、今は、欧州選手権2008の予選があるため、代表組はチームを離れています。

ジェンナーロ・ガットゥーゾは、グルジア対イタリア戦に出場停止となるため、ACミランに戻ってくるかもしれません。キャプテンのパオロ・マルディーニとクリスティアン・ブロッキも練習に復帰する見通し。2週間前に肋骨を痛めたフランス人のヨアン・グルクフは、今週中にさらなる検査を受ける予定です。

10月14日から28日までの間に予定されている試合は5試合。

ジェノバでのアウエーゲームに続いて、ベルギーでチャンピオンズリーグのアンデルレヒト戦を戦い、週末にはパレルモ戦、その次の水曜日にはキエーヴォ戦、そしてインテルとのダービーマッチが行われます。

ミランは大幅なターンオーバーでこの時期を乗り切ることになりそうですね。何よりも、連続無得点が続いている攻撃陣に奮起してもらいたいですね。特に、チェルシーに移籍したアンドレイ・シェフチェンコの後釜としての期待が大きい、アルベルト・ジラルディーノ。

まだジラルディーノは、まだ今季無得点。信じられません。ピッポことフィリッポ・インザーギも調子を落とし気味なので、何とかして欲しいです!

マルディーニ!今の勝ちきれないミランに魂を注入してくれ〜〜!!


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

サッカー日本代表、ガーナ代表に0−1で敗れる!

サッカー日本代表は、サッカー・キリンチャレンジカップ2006で、ガーナ代表と対戦し、善戦したものの0−1で敗れました。

この0−1を「惜敗」と考えるか、「完敗」と考えるか。

これは人によって様々な意見があると思うので、どう言っていいか分かりませんが、実際のところはどうなんでしょう?

試合の序盤は、日本代表は良かったです。ガーナが悪かったとも言えますが。攻めている時間が多く、流動的にポジションチェンジを行ない、巻(ジェフ千葉)のヘディングシュートや、駒野(サンフレッチェ広島)のロングシュートなどでガーナゴールを襲いました。

ですが…、サッカー日本代表の至上命題である「決定力不足」が、この試合でも露呈しました。

ガーナはチャンスをハミヌ・ドラマニがキチンとモノにして1点をとり、そのまま逃げ切りました。

パススピード、ボールタッチ、走り始めの一歩…。すべてにおいて一枚上手のような気がしました。世界を見せ付けられました。

オシム監督は先日、海外組に「欧州で日本を見せつけて来い!」と、中村俊輔らにハッパをかけていました。海外組の召集は来年でしょうねぇ。

セルティックで絶好調をキープしている俊輔、同い年の高原直泰、欧州組じゃないけど、同い年の小野伸二に代表に復帰してもらいたいです。

「閃き」が、他のサッカー選手と一味違いますからね!

とりあえずは気持ちを切り替えて、インド戦頑張ってほしいです。


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

サッカー日本代表「オシムジャパン」、今晩ガーナ戦!

サッカー日本代表が、ドイツワールドカップベスト16のアフリカの強豪、ガーナ代表と対戦します。

オシムジャパンが始動して以来、最強の対戦相手ですね。チェルシーに所属するMFマイケル・エッシェン、ジーコ監督率いるフェネルバフチェに所属するMFステファン・アッピアーら、世界屈指の選手を擁し、アフリカ最強の呼び声が高いです。

今までの経験から言って、サッカー日本代表は身体能力を全面に出してサッカーを展開する「アフリカ勢」には、めっぽう弱いです。

2003年8月20日に、高原直泰の2ゴール、遠藤保仁のゴールによって、3−0でナイジェリアを葬ったことはありますが、その時は当時のナイジェリア代表の主力であるMFジェイジェイ・オコチャ、FWヌワンコ・カヌらを欠いていたのもありました。

今回は違います。ほぼベストメンバーでガーナ代表が乗り込んできています。

真価が問われますね。


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

サッカー日本代表、4日のガーナ戦へ向けて練習開始!

サッカー日本代表は、1日、国際親善試合キリンチャレンジカップのガーナ戦(4日 於:日産スタジアム)に向けた練習を東京・国立競技場で開始しました。

今日(1日)にJリーグの甲府戦があったガンバ大阪の遠藤保仁、播戸竜二、二川孝広を除く選手が集合し、多少雨がぱらつく中で精力的に調整をしました。その中、イビチャ・オシム監督から細かい指示が飛びました。

本来なら代表召集された選手全員がそろう2日からの練習となるところなのですが、少しでも練習時間を増やすため、前日にリーグ戦を終えた選手だけで集合し、試合翌日にもかかわらず7、戦術練習にも取り組みました。

守りの要である浦和レッズの2選手(坪井慶介、田中マルクス闘莉王)が9月30日のJリーグの試合で故障してしまい、守備陣が手薄な状況ながら、この日の段階では追加招集は発表されず、早くても2日以降に合流するようです。緊急招集すぎる気がしますが…。

ガンバ大阪所属の日本代表選手は、1日夜のに宿舎で合流し、ワールドカップドイツ大会でベスト16のアフリカの強豪ガーナ戦に向け、本格的な調整に入ります!

厳しい試合になるでしょうけど、頑張って欲しいです。もっと閃きや、アイディアのあるサッカーを展開できればいいですね。


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

サッカーUEFAカップ、フランクフルト、バーゼル、フェネルバフチェが勝ち進む!

サッカーのUEFAカップが28日、各地で1回戦の第2戦目が行われ、ドイツワールドカップ日本代表FW高原直泰が所属するフランクフルト(ドイツ)は、ブレンビー(デンマーク)と2−2で引き分け、2戦合計6−2で1次リーグ進出を決めました。高原は後半11分に途中出場、得点に絡むことはありませんでした。

こちらも、ドイツワールドカップ日本代表MF中田浩二がフル出場したバーゼル(スイス)は、ラボトニキ(マケドニア)を1−0で破って進出決定。

また、ジーコ前日本代表監督が率いるフェネルバフチェ(トルコ)も勝ち進みました。

最近、フェネルバフチェのジーコ監督の周りが騒がしいようです。UEFAカップでも勝ち進み、トルコ国内リーグでも首位を走っているにもかかわらずです。なんでも、「ただ勝つだけでなく、内容も伴っていないといけない」という厳しい見方をされるみたいなんです。試合に勝っても「次もこんな無様な試合をしたらクビだ!」なんて言われるそうで…。

頑張れ!ジーコ!


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

絶好調播戸!遅咲きの日本代表入り!?

オシムジャパンの新エース候補としてガンバ大阪のFW播戸竜二がリストアップされているようです!

日本代表イビチャ・オシム監督、コーチ陣によるスタッフ会議は過去最長の4時間にも及びました。10月4日のガーナ戦、10月11日のアジア杯予選インド戦の招集メンバーについてがメインのテーマです。新たにリストアップされたFWの中に現在、売り出し中の播戸の名前がありました。首位を走るガンバ大阪のエースストライカーは、現在5戦連続ゴール中で14得点は日本人トップ。選出されないはずがないですね。

ガンバ大阪関係者も播戸がリストアップされていることを明言しました。そこにはMF橋本育郎の名も含まれていたようです。

この話し合いの中でオシム監督はミスに対する厳しさを強調。特に失点につながるミスや決定機を外すことには厳しいと説明しました。

FWでは浦和レッズの田中達也がずっと選出されてはいますが、Jリーグでは現在6試合ノーゴール中で、オシムジャパンでも全4試合に出場しながら無得点と、播戸とは対照的な成績です。オシムジャパンでは絶対的なエースFWが今のところ存在していないだけに(高原を招集すればいいのに…)、今後の活躍次第では播戸にも代表定着、レギュラー争いへと食い込めるチャンスは十分にあるでしょうね。

播戸が選出されれば27歳2カ月で初の日本代表招集。フィールド選手では29歳3カ月のDF箕輪義信(川崎フロンターレ)、27歳6カ月のMF中村直志(名古屋グランパス)に続く遅咲きデビューとなります。

梅崎司(大分トリニータ)らの若い選手のデビューでのサプライズはありましたが、播戸は逆の意味でのサプライズとなりそうですね。

播戸は結果を残しているので、別にサプライズではありませんが、「初代表だったんだ」というサプライズはあるでしょうね!


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

日本代表、イエメンにヒヤヒヤ勝利!

2300mで空気が薄い高地、ボコボコのピッチ状態、ガッチリと引いてくる相手、サウジアラビアに敗れているので連敗は許されない…

悪条件が重なるアウェーでのイエメン戦は、後半ロスタイムに我那覇和樹選手(川崎フロンターレ)が決めて1−0で勝利しました。

オシム監督が「サッカー以外の仕事をしに来たようだった」と言うように、最悪のコンディションの中でのゲームでした。ですが、アジアレベルではなく、世界を目指す日本にとっては、そんなことを言い訳にしていられません。

アイディアが少なく、単調なプレーが多かったです。

前半30分過ぎの巻誠一郎選手(ジェフ千葉)の無人のゴールへ流し込むだけのヘディングシュートや、後半30分あたりの遠藤保仁選手(ガンバ大阪)が左足であわせるだけの決定的な場面を外したシーンが、日本の決定力不足の象徴です。

オシム監督は「決定力不足は日本の持病」とも言い、長年日本が抱える問題を「病気」と捉えました。

この調子では、アジアカップ制覇は苦しいでしょうね。



1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

オシムジャパン 中東遠征日本代表メンバー24人発表!

オシムジャパン、中東遠征の日本代表メンバーが発表されました。

9月3日に、オシム監督就任後初のアウエー戦となるアジアカップ予選・サウジアラビア戦、6日はイエメン戦を行ないます。

灼熱のサウジアラビア戦(約40度)と、2300m高地のイエメン戦(約15度)で、何と気温差約25度!過密日程の遠征経験が少ない若手の多い日本代表は、コンディション調整が非常に難しいでしょうね。

欧州勢の召集がなかったのは残念ですが、若い選手たちに期待しましょう!

代表メンバー
GK
川口能活(ジュビロ磐田)
山岸範宏(浦和レッズ)
西川周作(大分トリニータ)
DF
三都主アレサンドロ(浦和レッズ)
坪井慶介(浦和レッズ)
田中マルクス闘莉王(浦和レッズ)
加地亮(ガンバ大阪)
駒野友一(サンフレッチェ広島)
MF
中村直志(名古屋グランパス)
羽生直剛(ジェフ千葉)
阿部勇樹(ジェフ千葉)
遠藤保仁(ガンバ大阪)
二川孝広(ガンバ大阪)
鈴木啓太(浦和レッズ)
長谷部誠(浦和レッズ)
山瀬功治(横浜Fマリノス)
田中隼磨(横浜Fマリノス)
小林大悟(大宮アルディージャ)
伊野波雅彦(FC東京)
梅崎司(大分トリニータ)
FW
巻誠一郎(ジェフ千葉)
我那覇和樹(川崎フロンターレ)
佐藤寿人(サンフレッチェ広島)
田中達也(浦和レッズ)



このブログが
「良かった」「また見にきてもいーかな」と
思った心優しい方は、コチラをクリック!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

オシムジャパン イエメンに2−0で勝利

アジアカップ2007の予選の第2戦、イエメン戦が新潟ビッグスワンで行なわれました。結果は2−0。

フレッシュなメンバーが多くてたくさんの可能性を感じました。ただ、引いて守る格下チームに対しての攻めが、苦手な面を露呈しましたね。2得点ともセットプレーから。まぁ、引いて守る相手にはセットプレーから崩すのが定石ですが。

ワールドカップのメンバーに選ばれながらもピッチに立てなかった遠藤に期待していたんですが、結果を残せませんでした。

後半から投入された、羽生がドリブルでつっかけるなど、日本選手にはあまり無いアクセントの効いたプレーを見せていて、なかなか良かったのではないかと。

ジーコジャパンの時と比べて守備の負担が少ないアレックスが、トリニダード・トバゴ戦に引き続き良い動きを見せていましたね。フリーキックも上手いですし。

2点目を決めた佐藤寿人が試合後のインタビューで「こぼれ球を決めることができたので、インザーギっぽくって良かった」と言っていました。インザーギっぽくするなら、はしゃぎまわるパフォーマンスをしないとね。なので佐藤は、まだ武田修宏といったところでしょうか(笑)。

9月のアウェーの戦いが楽しみですが、暑さ(40度近く)と寒さ(約17度)の戦いになります。色々な敵との戦いになりますが頑張って欲しいです!



このブログが
「良かった」「また見にきてもいーかな」と
思った心優しい方は、コチラをクリック!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。