浦和レッズが初優勝!(2006年JリーグJ1)

浦和レッズがついに頂点に立ちました!

Jリーグ史上最多の6万2241人の観客で埋まった埼玉スタジアムで、浦和レッズVSガンバ大阪の優勝決定戦となるJ1最終節が行なわれました。

ガンバ大阪が前半21分の先制ゴール!ですが、このゴールで本来の浦和レッズが目覚めた感じがしました。浦和レッズのブッフバルト監督も「1発殴られて目が覚めた」と試合後に話していました。

ガンバ大阪に先制された後、一気に浦和レッズが反撃開始!前半27分にポンテが右サイドを独走し、ガンバ大阪のシジクレイの緩慢なディフェンスも手伝って、同点ゴール!44分には鈴木啓太からポンテ、ワシントンとつないで勝ち越しゴールが決まりました。もうこれで勝負ありでしたね。

後半ロスタイム、長いシーズンを締めくくるホイッスルが鳴り、Jリーグ随一のサポーターの思いがついに実りました。

浦和レッズ主将の山田暢久がJリーグ杯を天に突き上げました。「04年のステージ優勝の時とは重みが違う」。

優勝が浦和レッズ、準優勝がガンバ大阪。そのガンバ大阪は昨年の優勝チーム。この2チームがJリーグ創成期には、弱小だったとは思えませんね。
(ヴェルディが常勝チームだったのも信じがたいですが)

浦和レッズは、日本代表が7人、元代表が6人。新旧の日本代表が融合し、そこに外国人選手のよさが加わったチーム。ブッフバルト監督は「試合に出ない選手の力こそが浦和の真実」と語りました。

浦和レッズはこれで、ホームでは連続22戦不敗。スタジアムを埋め尽くしたのはリーグ戦最多の6万2241人。

浦和レッズが、名実ともにJリーグ随一のビッグクラブになりました。


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。