J1浦和レッズ ブッフバルト監督が今季限りで退任

Jリーグ1部(J1)で首位の浦和レッズのギド・ブッフバルト監督が今季限りで退任し、母国ドイツに帰国するそうです。退任の理由は「家族と一緒に暮らすため」。

ブッフバルト監督は、ドイツのウェルト紙に対し「これ以上、家族が離れて暮らすことはできない」と語り、たとえ慰留されても帰国の意思が固いことを明らかにしました。

ブッフバルト監督は、帰国後については「とりあえず少しゆっくりしたい」と、次のポストが未定と言いましたが、妻のジルビアさんは「いくつかのチームから、夫の連絡先を問い合わせる電話があった」と、ドイツなどのクラブチームで指導する可能性はありそうですね。

監督業を続けるなら、ブッフバルト監督の母国ドイツブンデスリーガで指揮を執るのが一番良いでしょうね。

ブッフバルト監督は現役時代に、ドイツ代表DFとして1990年のワールドカップ優勝に貢献し、94年ワールドカップにも出場。94年から97年まで浦和レッズでプレーしました。

万博で行なわれたガンバ大阪 VS 浦和レッズを見に行ったことがありますが、本当にブッフバルトはデカかったです!

ドイツで現役引退後、2004年に浦和の監督に就任。同年のJ1後期で優勝したほか、昨季の天皇杯も制しました。


1日1クリック!ご協力お願いします!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27670408
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。