岩本輝雄が2年ぶりにJリーグへ

1994年、当時、ファルカン監督が率いる日本代表の「10」番を背負っていた岩本輝雄(現在タレント活動中)が、アビスパ福岡に復帰するというニュースが!

岩本輝雄といえば、ベルマーレ平塚(現 湘南ベルマーレ)を思い出します。

ベルマーレ平塚で思い出すのは、1994年のニコスシリーズ(2ndステージ)で、当時最強のヴェルディ川崎(現 東京ヴェルディ1969)とデットヒートを繰り広げ、最後は2位に甘んじたものの、その年の暮れの天皇杯を制した黄金期のベルマーレですね。

岩本輝雄を筆頭に、野口幸司、田坂和昭、名塚善寛、名良橋晃ら、当時の日本代表でデビューをし始めた選手が名を連ねた若いチームでした。

そんな中でも、私は岩本輝雄のプレーが大好きでした。

べガルダ仙台をベテランとして率いていた姿は記憶に新しいです。

2004年に、足首を手術した後にピッチを離れていましたが、「足が治れば現役復帰をしたい」と思っていたそうです。

ただ、厳しい勝負の世界。
しかも34歳という年齢。2年ものブランク。

かかえるハンデは大きいですが、ピッチの上で、「テル」が華麗に舞う姿を僕は楽しみにしています。



このブログが
「良かった」「また見にきてもいーかな」と
思った心優しい方は、コチラをクリック!
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。